2018夏期特別講習 お申込み受付中!!

小4~小6中学受験コース夏期講座に加え、年中から小3対象「図形学習」、小3~小6対象「読書感想文」講座、一部中1生も対象とする「プログラミング」講座、「新聞リテラシー」講座、プロ個別指導など、新しい学力観に基づく講座をご用意して、みなさんのご参加をお待ちしております。詳細は添付PDFファイルをご覧いただくか、直接教室にお問い合わせ下さい。丁寧にご説明いたします。ヒキダスプラス2018夏期特別講習案内

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

試行錯誤する力

さて、ここのところ算数パズルの授業で実感していることがあります。

それは、子どもたちの「試行力」の向上です。

たとえば…

①授業中の子どもたちから、「分からない…」というコメントがどんどん減っています。以前なら、難しい問題文を読む前から「分からない」と言って、間違った時のために防護壁を作っていたお子さまが、とにかく問題にとりかかってチャレンジするようになりました。

②答えにたどりついてマルがもらえた時に、以前なら「よかった…ホッ」と漏らしていたお子さまが、今では「よっしゃぁ~!」と言うようになりました。安心感より達成感を持てるようになってきた証拠です。

③“やればできるのだけれどあまり好きではない問題“が登場すると、「この問題、めんどうくさいな…」と言っていたお子さまが、一人黙々と集中して取り組めるようになりました。パズル問題の持つ本質的な楽しさに浸かれるようになってきたようです。
『試行力』=『試行錯誤する力』。これは立派な学力です。この力を、低・中学年のうちに身につけておくことは、算数を好きに、そして得意になるための必須条件です。難関とよばれる中学校・高校の入試問題ほど、『試行力』=『試行錯誤する力』の有無を問うてきます。算数パズルの問題に向かっている生徒の机の上は、消しゴムのカスでいっぱいになります。この「書いたり消したり」の繰り返しが、『試行錯誤する力』を育てます。

早く解くこと、たくさん解くことも、ときに大切ですが、低中学年のうちは、じっくりパズルの問題に向き合い、真剣に没頭し、考えることの“めんどうくさい楽しさ”を十二分に味わってほしいものです。

移転のお知らせ

昨年11月より、
下記の場所に移転しております。

中川中央1-37-6
セントラルヴィラ302

駅前広場から
モザイクモールとプレミアの間を抜け、
ファミリーマートの右隣お好み焼き「杏子」様の
入っている建物3階です。

電話番号等は変更ございません。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

学習相談、受付中!

2月第2週よりH28年度授業が始まります。

新年度生の募集と並行して、お子さまの学習に関するご相談、中学受験に関するご相談を随時受け付けております。

わが子の適性に合わせた伸ばし方は?

わが子に中学受験は向いているの?

など、親御様のご質問にお答えします。

どうぞお気軽にお問合せください。

 

夏期講習~単なる予習復習にとどまらない学びを!

7月下旬から8月にかけて

夏期講習を実施します。

五感を刺激する体験記憶学習を

学齢ごとにご用意しております。

詳細はぜひお問合せを!

試行錯誤する力

さて、ここのところ算数パズルの授業で実感していることがあります。

それは、子どもたちの「試行力」の向上です。

たとえば…

①授業中の子どもたちから、「分からない…」というコメントがどんどん減っています。以前なら、難しい問題文を読む前から「分からない」と言って、間違った時のために防護壁を作っていたお子さまが、とにかく問題にとりかかってチャレンジするようになりました。

②答えにたどりついてマルがもらえた時に、以前なら「よかった…ホッ」と漏らしていたお子さまが、今では「よっしゃぁ~!」と言うようになりました。安心感より達成感を持てるようになってきた証拠です。

③“やればできるのだけれどあまり好きではない問題“が登場すると、「この問題、めんどうくさいな…」と言っていたお子さまが、一人黙々と集中して取り組めるようになりました。パズル問題の持つ本質的な楽しさに浸かれるようになってきたようです。
『試行力』=『試行錯誤する力』。これは立派な学力です。この力を、低・中学年のうちに身につけておくことは、算数を好きに、そして得意になるための必須条件です。難関とよばれる中学校・高校の入試問題ほど、『試行力』=『試行錯誤する力』の有無を問うてきます。算数パズルの問題に向かっている生徒の机の上は、消しゴムのカスでいっぱいになります。この「書いたり消したり」の繰り返しが、『試行錯誤する力』を育てます。

早く解くこと、たくさん解くことも、ときに大切ですが、低中学年のうちは、じっくりパズルの問題に向き合い、真剣に没頭し、考えることの“めんどうくさい楽しさ”を十二分に味わってほしいものです。

春休み特別講座 募集中!

進級し新たなチャレンジを始める

春にピッタリの講座をご用意しました。

================

「世界の算数パズルにチャレンジ!」

「算数思考力検定問題にチャレンジ!」

================

詳細はどうぞお問い合わせください。

 

 

2/7(土)すくすくフェスタinノースポートであいましょう!

今週土曜日、

ノースポート2Fセンターコートで行なわれる

「すくすくフェスタ2015」に出展致します。

算数パズル・先の中学受験に

ご興味をお持ちの方はぜひお越しください!

お会いできるのを楽しみにしております。

冬期講習 お申込み受付中!

12月23日より、冬期講習を実施します。

年中~小3生の少人数授業、

小4~小6生の個別指導です。

なにぶん小さな教室ゆえ、

空き枠がほとんどございません。

詳細はお気軽にお問い合わせください。